berekaiartが直伝!太るサプリを飲んでガリガリを卒業する方法

私が人生で一番太った時期が、17歳から18歳にかけての1年間のことである。それまでは、食事はそんなに気にしていなくて、体型も普通体型だった。

高校3年での時、受験勉強が大変な時期だった。よく図書館で勉強していた私は、頑張るためにいつもチョコレートを買って行き、目標を決めてそこまで終わったらチョコを食べて一休みするというのが日課だった。だが、忙しい時期に突入し、勉強時間は増え、睡眠時間が減っていくと、勉強中の気分転換としてお菓子を食べる量が日に日に増えていった。夜の寝る時間も遅くなる日が増えて、寝る前にお腹がすくようになり、そこでもまた軽食を食べてから寝るという。

太るためには太るサプリを飲むのが一番!って気がついた時

習慣が付いてしまった。夏を終わるころには、5キロは増えていた。
さらに、勉強も思うようにいかないし、思春期でなんとなく毎日いらいらすることが多く、ストレスがすごく溜まっている感じだった。
そんなときに甘いお菓子を食べるとその嫌な気持ちが少しの間和らぐ感じがした。少し安心する感じだ。

その状態になりたくて、甘いものを常備するようになり、お菓子程度の量でなく、たくさん食べてしまうことが増えてきた。
それだけお菓子をたべると、想像通りどんどん太っていった。制服もきつくなりワンサイズうえのものを先輩にもらいにいった。
見た目も変わってしまい、正直恥ずかしくなったが、食べるのをやめられなかった。

このとき初めてストレスの怖さを初めて実感したのだ。通常の人は、お腹いっぱいになると、もうこれ以上食べたくないと満腹中枢が働くはずだ。
だが、そのときの私は、食べても食べてもなんだか不安だったり、心が満たされなかったのだ。その満たされない心を、食べ物でしかも甘い物で埋めようとしていたようだ。やめたくてもやめられない自分に恐ろしくなった。そのころになると10キロ以上増えていた。

激太りで、とても恥ずかしかった。見た目でばれてしまっているが少しでも悟られたくなくて、なるべく人前では食べないように我慢したが、それがまた逆効果になってしまったようで、反動でお家に帰ると、それ以上に食べてしまっていた。
そんなストレスを抱えながら受験勉強を頑張っていたが、残念なことに受験に失敗してしまったのだ。

このストレス生活ももう少しで終わることを励みにやっていた私は絶望的な気持ちだった。だが私はここから自分自身の将来について改めて考え直し、ずっとやってみたかった勉強以外の道に進むことにした。
そんなこんなで、人生最大の激太り時期を終えたのだった。恐ろしい1年間だった。”
夜食。夕飯をいくらお腹いっぱいに食べようと、夕食がいくら美味であったとしても真夜中にはお腹が空いてきます。我慢して明日の朝にしっかり朝ごはんを食べた方がいい、夜食を食べると太ってしまう、夜食を食べているとお金を無
駄に使ってしまっている。そんなことを思いながらも気づけばコンビニに足を運んでいるのが日常です。いざコンビニにいくと、やれビールが欲しい、ここはカップラーメンで攻めるか、それとも安定のビニ弁を食べるか、と1人コンビニ戦略会議が始まります。あっちの棚にいってはこっちの棚に行く、同じところをぐるぐる回りながらあくびする店員を後目にこっちは真面目に品を吟味するのです。

太るためには太るサプリを飲むことが一番なのは間違いがないでしょう。

ずばり、太るサプリを選ぶ基準は3つです。

①しっかりと成分が配合されていて効果が見込めること

②国内で製造されていて衛星面でも安心出来ること

③飲み続けられる味・値段であること

以上の3点です。

簡単に言うと、安心できるメーカーが販売していてしっかりと効果が見込める成分が配合されている金銭的にも飲み続けられる太るサプリを選べばよい。

という事になります。
出典:太るサプリランキング

よし、今日はカップ焼きそばにしよう、そう決めてからはとても早いです。すぐさま会計を済ませ弾む足取りで自宅に帰ります。自宅に帰ったあとは手洗いうがいを迅速にすませお湯を沸かしにかかります。このお湯を沸かす時間、そしてお湯をカップ麺に入れて待つ時間、この時間は長いようでとても短
いわくわくの時間です。いざお湯を切ってカップ焼きそばとご対面します。まずはそのまま、そしてある程度食べたらマヨネーズをかけて食べます。すごくおいしいです。涙が出るほどおいしいのです。深夜のすきっ腹に染み渡るソース
とマヨネーズのハーモニーがたまらないです。あっという間に間食し、幸せな気分のまま眠りにつきます。この瞬間は人生の幸せのなかでも最高に幸せです。そしてその生活が一週間おき、3日おき、週5日と増えていくのです。幸せと
共に悪魔の手はじわりじわりとお腹に忍び寄っていました。なかなか自分では事実に気づきにくいのですが、ある日突然友人に聞かれます。

「もしかして太った?」と。その瞬間走馬燈のように今まで食べてきた夜食が頭のなかに巡りまわります。

あぁ、これは太る、とここで気づくのです。そして自分のお腹を見ると、今までより視界にお腹が見えてる割合が多くなっていることに気づきます。時すでに遅し、たくさんの脂肪とお友達になっているのです。そして今まで
たくさん幸せを味わってきた分の清算が始まります。そう、辛く苦しいダイエットの始まりです。太った自分を認めればいいもののなかなか受け入れることができず、ダイエットが始まります。そして過酷な夜食抜きの生活を耐え、もと
の身体へと戻っていくのです。すべてやりぬき、自分のもとの身体を取り戻した最終日、自分へのご褒美に夜食を解禁します。とても美味しいです。

そしてまた自ら太りの境地へと旅立っていきます。デブのループは続くのです。さなが
らウロボロスのデブとでも言いたいです

中年太りは若いころと比べて体重を落とすことが大変だと実感しています

50代後半の男性ですが、20代のころに比べて体重が15kgぐらい増えています。独身時代に一時期暴食したことがあり体重が増加したときは一発奮起してやせようと努力したことがあります。もともともてない風貌でしたのでさらにデブ体型では女性に嫌われてしまうこともあり、真剣でした。
一人暮らしだったこともありダイエットがいいということでそれまで外食していたことをやめて、自炊に切り替えました。当時は炭水化物を控えるダイエットは流行っていませんでしたが、ご飯はやめたほうが良いと考え、炊飯器もなかったこともありおかず中心でした。満腹感を得るために鍋に鶏肉、野菜をただ煮込んで飲むだけの食事でしたが、昼食は会社の食堂でしたのでバランスは取れていたような気がしています。
1か月ぐらいで5kgぐらいすぐに減らせたので、その後太るたびにこの方法でしのいでいました。30代半ばで結婚したことで毎日食事を用意してくれるので残すことはできないので出された食事はすべて腹の中におさまっていました。妻の手料理がバラエティーに飛んでいて、特にご飯が大好きだったこともありボリュームも多かったことは確かです。毎年数kgずつ増えていることは健康診断のときにわかりました。家には体重計が置いてありますが、誰も利用しません。どちらかというと妻や子供も太っていたこともあり現実を見ることを避けていたこともあります。
太ってくることで毎年健康診断のときに指摘されることがあります。近年はメタボの基準が体重、腹囲、BMIですがすべて引っかかっています。体重やBMIはごまかすことはできませんが、腹囲は検査する人がメジャーで計測するのでお腹をへこませば数値を低くすることができます。検査する人も慣れているのかへこませた状態で一度計測したふりをして力が抜けた状態で素早く再度計測するので逆に数値が大きくなることもあります。
ここ数年内臓に脂肪がついていることは、腹部エコーによる脂肪肝という診断でわかります。本当は画像が黒いのが正常ですが、明らかに白く濁っているので納得しないわけにはいきません。中性脂肪も基準をかなりオーバーしていることも太っていることの証拠になっています。なんとか痩せようという気持ちがありますが、独身時代とことなりダイエットすることは難しい状況です。家族が食いしん坊だと一人だけ食事を控えることが我慢できないこともあり意志が弱くなってきていることも自覚しています。
太っていることで何もよいことはないので健康維持のために痩せなくてはなりませんが、魔法の薬を誰か発明しないか期待しているところです。

痩せていたころの記憶が私の家族には一切ないらしい

産まれた時は、どちらかというと、痩せっぽっちでした。
私の記憶の中で残っている私が痩せてた!と胸を張って言えるのは、小学校卒業までです。
かなり昔過ぎて、今では、家族の誰に聞いても私が痩せていた記憶が一切残っていないととても悲しいことを言われていますが。
そんな私は、幼稚園、小学校は複数の習い事をしていて、毎日忙しくしていました。スイミングスクール、バレーボールクラブ、少林寺拳法など。それに加えて、小学校では、放送委員になったり、バトンポンポンクラブにも所属していたので、運動会やお祭り時期は特にイベント続きでかなりの運動量だったと思います。動きすぎで倒れたこともあるほどでした。
なので、その運動量に見合うだけの食事の量も取っていました。当時は痩せていたので、痩せの大食いと言われていました。
しかし、中学生になると、勉強が忙しくなるだろうからとすべての習い事を一気に辞めてしまいました。でも、食事の量は変えられるはずはなく、食事の量は増える一方でした。当然、みるみるうちに太っていきました。
小学校までは人前に出るのがとても好きで、かなり目立った存在でしたが、中学生に入ると、太っている自分が嫌で、どんどん引っ込み思案になっていきました。写真などに写るのもすごく嫌で、いつもブスっとした顔で写っている私がいました。
中学2年生の時に別の学校に転校したのですが、当時の友達には、いつ居なくなったのかわからなかったと言われるくらいでした。太っている事が嫌だと思いつつも特にダイエットすることなく、学生時代を過ごしていました。
高校卒業した後からは、少し体型を気にして、ダイエットをしてみたものの、長続きせず、ずっと太ったままでした。
今の主人からも冗談でブタだの太っているだの、言われていましたが、今更痩せてどうする?誰に迷惑をかける?と全く気にしていませんでした。
主人との初デートの時に着た服が合わなくなっていたことには、少し衝撃を受けましたが。
そして、人生で一番太っていたのは、2人目の妊娠が発覚した時でした。妊娠で太っていたのではなく、子供の食べ残しを勿体ないからと全部食べてしまう。毎日子供と家の中でゴロゴロ。体重なんて気にしない。体重計なんて、上の子を出産以来乗っていませんでした。太って当たり前の生活でしたが、2人目の妊娠が発覚し、病院で体重を計って、ビックリ。ありえない体重でした。病院からは子供の分しか太ってはダメと厳しく言われてしまいました。そこから、真剣に食事の量を調整しました。

海外出張が多いことによる食生活の乱れ

私は仕事で海外に行くことが多い人間です。毎月、中国に出張行っており、そのたびに現地でのお食事会に誘われてたくさん食べて飲んでおります。しかし、中華料理はやはり日本人の私にとっては非常に食べづらく、いつも帰る間際に日本食が恋しくなるのです。この日本食に対する恋しい気持ちが致命傷となりました。私は日本につくなりコンビニなどで軽く弁当と飲み物を買うのです。そして電車で帰る前にお腹を少しでも満たすのです。そして家に着くなり、家の近くのラーメン屋さんに行き大盛りラーメンとチャーハンと餃子を注文するのです。これが非常に悪いサイクルとなっておりました。もちろん、次の出張までの間に徐々に体重は戻るのですが、最近では体重が戻る前に中国へ出張しているため、日本に帰るなり悪いサイクルを繰り返していたのです。私は完全に自分の体重が戻り前に食べ続けていることと分かっておりました。しかし、中国での出張の間我慢していた日本食への気持ちを抑えきれないのです。私はひたすら日本食を食べておりました。そして気づけば体重は7kgアップしており、太り続ける一方だったのです。私は反省しました。そして中国出張のたびに日本に帰って食べ続けないよう自分なりに工夫をしたのです。その工夫が、中国に日本のお菓子を持っていくことでした。日本のお菓子を持っていくことで日本食への食べたい気持ちを何とか抑制しようと考えたのです。その結果、日本に戻ってもすぐには弁当などを食べないようになりました。しかし、その反面、お菓子をいっぱい食べるようになっており、日本にいる間もかりんとうなどをたくさん食べるようになっていたのです。お菓子のおいしさを知ってしまい私はひたすらお菓子を食べ続ける性格となってしまいました。私はこれではやばいと思い、お菓子も制限すべく自分なりに調整を図ったのですが、お菓子に関しては代用できるものがなく現在も食べ続けております。そして中国へもお菓子を多くもって行くようになり私は完全におかしなしでは生活できないようになっておりました。そしてお菓子と一緒に必要なのがジュースです。この2つを一緒に食べて飲むことで気持ちが完全に満たされるのです。私はそのような生活を続けた結果、体重が10kgほど増加し現在非常に苦しい体型となっております。自分をコントロールできなかった結果の体型であると思いつつも、何とかしようと現在お菓子とジュースを減らすように心がけております。

お腹いっぱいまで食べる苦しくて動かない、それの繰り返しで太りました

若い頃は問題なかったのですが、二十代後半になってくると、お腹いっぱいまで食べると動く気がしなくなり、そのまま眠ってしまい翌日を迎えてしまいます。翌日になるとお腹が減っているのでソバにあるものを何でも食べて会社にいきます。若干の胃もたれを感じつつもお昼に突入し会社の同僚などとご飯を食べてまた夜へという生活を送っていました。
胃もたれがあっても、食事をとることができましたし食べると胃が動くのでまぁいいかなとも感じていました。
お腹いっぱいのときや食べたくていいやと思うときには食べないということが自分にはできなかったのです。このせいで一年間で8キロも太ってしまいました。
元々そんなに痩せている体型ではありませんでしたし、運動もしていなかったので太るのは簡単でした。
お腹いっぱいまで食べると動きたくないですし、腹八分目というのがよくわからなかったのです。外で食事をするときもがっつり油物ばかりを食べてメンズセットなど、通常よりも1.5倍はあるものをチョイスしていたのです。パスタなど特にそうで、一人前では足りなかったのです。野菜などでお腹を満たすというのももったいない気がするのです。折角外食して自分の好きなものを食べるのですから、同じお金を払うのであれば沢山食べたいと思ってしまうのです。もったいない、この精神でした。そのせいで太りましたし、太っていくときは気持ちよかったので自分では太っているという自覚はありませんでした。
むくみなども気になってはいたのですが、朝起きたときは水分が体に入っているんだし仕方ない、夕方になれば、夕方は一番むくみやすい時間だからと自分に言い訳をしていたのです。
そして、私の好きな食べ物は揚げ物です。揚げ物や甘いお菓子特に好きなのは芋けんぴです。150グラムくらい入っているものであればあっという間に食べてしまいます。最近知ったのですが芋けんぴって100グラムで500キロカロリーくらいあるそうですね。一食分くらいだなぁと思いつつ、おやつとして軽く食べてしまいます。
イヤな気持ちで太っているのではないので、自分としては意識していない、気がついたら服がきついななんでだろうという感じでした。
もう、ズボンなんかパッツンパッツンで股ずれは起こるし、股の部分がすぐ破けるのです。新しいズボンは一ヶ月くらいしかもちません。
洋服代にかかる費用が嵩んできてしまっているのですが、食べることが好きですし、今のところとがめてくる人間もいませんので、自分が好きなだけ食べてどんどん太ってきています。
今まで生きてきた人生のなかで一番重たい体重を記録しているのですが、周りの太っている人を見て「あれよりはまだましだろう」と思ってしまう自分がいて、イヤな気分になるときがあります。

外出続きで4キロ増!いよいよダイエットを始める決意をしました。

夏休みに入ってからというもの、夫の実家へ帰省したのを皮切りに、外出が続きこのところずっと外食ばかり。今まで履いていたボトムがちょっとずつきつく感じるようになり、さすがにちょっとやばいかも、と久しぶりに体重をチェックしました。もちろん太ったことは覚悟していたけれど、思った以上にアップしており、なんと4キロ増。これでは、服がきついわけです。夏は涼しくて楽なゆったりしたワンピースを着ている日が多いこともあって、気づくのが遅かったかもしれません。夫の実家では、料理自慢の義母がここぞとばかりに料理を振る舞ってくれたので、ついつい食べ過ぎてしまいました。その後私と子供たちだけで、羽を伸ばしに帰った実家では、実父が孫が喜ぶところへ連れて行きたがるので、回転寿司や焼肉店へ行っては、こちらでもついつい食べ過ぎ。さらに、しっかりデザートも食べてしまいました。久しぶりの実母の料理にも箸が伸び、久しぶりに会った両親が子供たちを可愛がってくれるので、すっかりのんびり。食べて動かないのだから太るわけです。8月は雨の日が多く屋内で過ごすことが多かったから、運動量も少なかったことも、原因の一つかもしれません。毎年夏バテ気味で、やや体重が落ちることが多いのに、今年はこんなに太ってしまいました。これから暑い中、子供たちとアクティブに外で体を動かせば、多少は戻るかもしれませんが、さすがに4キロは、なんらかのダイエットをしないと落とせない数字です。子供たちが夏休み中は、自分のダイエットのために時間は割けないので、まずは一回の食事の量を少し減らすことと就寝前に腹筋やストレッチなど軽く体を動かすようにします。それから、子供たちと一緒になってアイスなどおやつを食べるのはやめて、くるみやアーモンドなどをほんの少し齧って終わらせます。夏休みが終わったら、ウォーキングか軽いジョギングを取り入れましょう。おそらく帰省前からじわじわと体重はアップしていただろうと考えると、ここ2ヶ月くらいでこの体重にまで増えたと考えています。だとすると元に戻すには3ヶ月くらいかけてじっくり落とした方が良さそうです。そのペースだと秋はやや太めで過ごすことになるので、手持ちの秋冬物がどのくらい着られるか確認した方が良さそうです。お気に入りの秋色のスカートやワンピース。このスカートはちょっと細いサイズだし、このワンピースはラインが細めだから、今の私では確実に着られなさそう。あぁ。そう考えると、一刻も早く元に戻したい!ダイエット、頑張るしかありません。

産後にブクブク、20kg増加!不規則な生活と睡眠不足に悩まされ、ストレスで過食の日々

私はアラサーのワーキングママです。
何を隠そう、1人目の出産で10kg増加、2人目の出産で10kg増加と、順調に体重スコアを伸ばしてきた実績の持ち主です。

当時は夫婦で飲食店を営んでいた事もあり、完全な夜型生活。
毎日夕食は深夜の2時頃で、牛丼やラーメンといったヘビー級メニューが多かったです。
仕事のストレスからか、甘いお菓子やスナック、ジュースも欲しくなり口にしてしまう悪循環。
睡眠不足でむくみや目の下のクマも解消しないままでした。
もちろん、運動する時間は皆無でボディラインはぶよぶよたるんでいきます。
顔の輪郭もぼやけてきて、昔の友人やお客さんにも心配されはじめていました。
妊娠がわかってからも、その生活は変わらずむしろ悪化する一方。
さすがに、産婦人科の先生から体重規制を言い渡されるほど、ぶくぶくと肥えていました。
無事安産だったものの、体重は減るどころか増えていく不思議…。
「母乳で痩せるから大丈夫」と思っていたのですが、赤ちゃんが母乳を受け付けない体質だったため、2ヶ月程で母乳終了。
痩せる予定だったはずの体重が、そのまま残される形になってしまったのです。

産後はさらにボディラインは崩れ、大きくなったバストで今まで来ていた洋服も窮屈に。
広がった骨盤やたれたお尻で、デニムは太ももどまり。
ワンピースを着たら、あと1人産みそうなシルエットにしか見えません。
その他にも、股擦れや汗によるワキの黒ずみ、くるぶしのガサガサなど、太った人特有のお悩みがどんどん出てきます。
仕事には後ろ向きになり、人に会う事を避けては、毎日引きこもり状態です。
何もしていないのに疲れやすくなったり、寝てるだけで背中や腰が痛くなったり、足が頻繁に痺れたり…とマイナートラブル続出でした。

痩せようとダイエットしても、3日で元通り。
決意しては挫折、の繰り返しです。
泣きそうになりながら、子供たちの寝顔を見ているとふと「きれいなお母さんの方がきっと嬉しいよね」と思い、本気でダイエットすると決めたのです。

夫に体重を公開したら、びっくりしてしまったほど増えていた体重です。
じわじわ4年間かけてたっぷりとついた贅肉。
これをどうやって落としていけばいいものか。
まずは痩せるための戦略から、練らないといけません。
雑誌やインターネット、テレビなどで情報を集めている真っ最中なのです。
巷に溢れているダイエット方法は膨大な量なので、自分に合った方法を探してみたいと思っています。
頑張るぞー!